MAGALIはるなつ受注展示会

こんにちは。カフェ隣の雑貨店しかくいよりお知らせです。

昨年に引き続き今年もMAGALIさんのお洋服受注会を開催致します。

京都でデザイン・製作をされているMAGALIさんのお洋服、関東でご覧いただける機会も少ないかと思います。ご存知のない方も、既に愛用されている方も、ちょっと気になる方も、お気軽にお越しください。

すぐにお持ち帰りいただけるアイテムも一挙に並ぶ予定です。

初日の22日にはデザイナーさんご本人もなんと京都から在廊していただきます〜

■  ■  ■  ■  ■  ■  ■  ■  ■  ■  ■

ABOUT MAGALI..(以下HPより抜粋)

ちょっとした甘さと特別な上質感。

アンティークのようにクラシカルでいて、

どことなくモダンで洗練された雰囲気。

 

ずっと昔から着ていたような愛着があって

”いつまでも大好きでいられる服“がMAGALIのコンセプト。

 

MAGALIでは、ずーっとずっと着ていただけるように

パターンからデザインを追求し、丁寧に製作しています。

■  ■  ■  ■  ■  ■  ■  ■

MAGALIはるなつ受注展示会at senkiyaしかくい

2017.4.22sat→4.30sun ※26日、27日はお休みです

12:00〜18:00

2017ss表面横

 

 

 

 

 

 

 

第9回みんなの市 春の陶器市

img_minnanoichi

第9回 みんなの市
春の陶器市

2017, 5, 20 Sat.- 21 Sun. 11:00-16:00
(20日のみ12:30-13:00 商品入替えの為close)
(開場前に整理券を配布する場合がございます)

企画 みんなの市
会場 tanabike、senkiya
会場アクセス

アウトレット価格で暮らしの器を販売します。
売上の一部、または全額を東日本大震災義援金として
日本赤十字社を通じ送らせて頂きます。

陶器市はチャリティーマーケットです。
開催主旨をご理解頂きまして、
皆様のご協力の程、お願い申し上げます。

・商品は売り切り終了となります。
全て手作業での品物のため数量に限りがございます。
お取り置きや、在庫確認等は対応しておりません。
作品の買い占め、転売行為はお止め下さい。

・新聞紙でのセルフ梱包にご協力下さい。
紙袋の用意はありませんので
持ち帰り袋や梱包材をご持参ください。

・公共交通機関でのご来場にご協力願います。

出展者///

//陶磁器//

飯高 幸作
イトウサトミ
石井 ハジメ
京野 桂
暮縞
原村 俊之
よしおかれい
よしざわ窯
Studio bwanji

//ブローチ//

atelier antenna (アトリエ・アンテナ)
山木 常江

//革//
JOURNEY

//花・アクセサリー//
atelier bloom

//FOOD//
cafe gallery CONVERSION(焼き菓子)
クル(クッキー)
SATO (瓶詰め)

TSUKIMO BAZAAR(天然酵母パン 21日12:00頃より販売)

//特別出展//
だらすこ工房・くる美人(特産品・岩手県野田村の皆さん)

senkiya(スコーン)

//チャリティー投げ銭ライブ//
Keseran Pasaran. (21日15:30-16:00)

http://minnanoich.exblog.jp/

///問い合わせ
https://www.facebook.com/minnanoichi/

田中帽子・展

tanakahat05

田中帽子・展
4/21(金)〜5/9(火)
12:00-18:00
休み 4/22(土) 26(水)27(木)
企画・会場 tanabike

春日部の老舗帽子工房「田中帽子店

田中帽子店の麦わら帽子のはじまりは、春日部市内を流れる古利根川の恵みにより、肥沃な土地で育った麦でした。
春日部で生まれ続ける麦わら帽子がこの夏も活躍することでしょう。

今回はカンカン帽のリボンを選ぶオーダーも行います。
◉カンカン帽オーダー
サイズ | 52cm、54cm、57.5cm、60cm
リボン | ネイビー、ピンク、グリーン、ネイビー×ブラウン、ネイビー×ワインレッド

自分の好きな色のリボンや、親子で揃えたりして、この夏の準備をはじめませんか。

また、北越谷のkoushaの飯高幸作の店舗内でも展示販売をしております。お近くの方はお立ち寄りください。

 

2016年の様子 田中帽子店 工房見学の様子

 

image
image

 

田中帽子店

埼玉県春日部市で明治13 年に創業。日本でも数少ない麦わら帽子の国産工場として知られ、現在は5 代目と 職人達がその技術と伝統を継承。
農作業用帽子に限らず、婦人用、紳士用、幼稚園の麦わら 帽子などの生産を続け、長年培ってきた確かな技術に ファッション性をプラスするなど依然挑戦をするブランド。

HP / Facebook

coupé展示受注会

mihon_omote

coupé 展示受注会
4/13(木)〜16 (日)
12:00-18:00
企画 coupé
会場 tanabike

tanabikeでは約1年半ぶりの展示会
その間に赤ちゃんが生まれ、
お母さんが抱っこしながらでも履きやすい革靴をと、
定番のコッペシューズをアレンジした
新作”coupeshoes non-lace“もうまれました。

※納期は10ヶ月程度を予定しています

Instagram #マイコッペ コッペシューズのコーディネート

2015年の様子 / coupé工房見学の様子

 

image

 

image

—–

image

 

◉ワークショップ coupé「革バッジづくり」

4/15(土)12:00-18:00

coupé(コッペ)の革靴のソールで使う厚い革を使って、着色やアルファベットの刻印によるオリジナルのバッジをつくります。
革や、着色するインクは、実際にコッペが靴づくりで使っているのと同じもの。
革を削ったり、染めたり、磨いたりという、靴の底をつくる作業を、素材に触れて体験してもらえたらと思います。

料金 1つ 500円
所要時間 30分~1時間程度
予約不要
持ち物 汚れてもいい服装(エプロン)

—–

coupé

東京都小金井市内に工房を構える靴屋です。
つま先のやさしい丸みと、しっかりとした作りがコッペのこだわり。
おかずパンにも、おやつパンにも変化できる、素朴で親しみやすいコッペパンみたいな靴。
履き込むほどに、しっくりと馴染んでいく、そんな様子を思い描いて、作っています。

HP / Instagram / Facebook

made in west – yes fair

miw_top01 yes_top01

made in west – yes  fair
3/24(金)〜4/9(日)
12:00-18:00
休み 3/28(火)4/3(月)
企画・会場 tanabike


日本を代表するものづくりの発信地である関西の企業とクリエイターからなるブランドmade in westと、皮革の製造・加工、販売のノウハウとデザインから新しい製品を生み出すブランドyesの2ブランドの、恒例となった、フェアを開催。
両ブランドの新作や、人気のYETIザック、デイバックをはじめとする様々な商品がtanabikeに集まります。

2016年の様子2015年の様子


kagure_B6pop_outline

1 3

◉IMAGEMAKE

4/1(土)、 2(日)
13:00-14:30、15:00-16:30

yesの特徴である正方形に裁断した革をつなぐ”SQUAREシリーズ”を、自分で組み合わせることができる”IMAGEMAKE”

既存の商品のパーツ(レザー、内生地、ステッチ、ファスナーなど)をカスタムすることができる「パズリング」をして、商品をオーダーしていただけます。

「選ぶこと」から広がる、革の新たな魅力を体感してください。

料金:商品代 ※カスタム料金不要
定員:各回6名
商品納品:お預かりし、縫製、仕上げをし2〜3週後のお渡しいたします
※事前予約をしていただいた方にはyes製品のノベルティグッズ(コードホルダー、スクエアチャームのセット)を差し上げます
予約:gallery.tanabike[at]gmail.com
件名「IMAGEMAKE予約希望」本文「名前、参加人数、連絡先」を記載しメールをお送りください。

nobvelty01 nobvelty02

 

 

◉YES CRAFTS メンテナンスセミナー

4/1(土)、 2(日)
12:00-18:00 随時受け付け可

yesの商品をお持ちの方は、yesの作り手がメンテナンスをいたします。
以前ご購入いただいた商品をご持参していただければ、簡単な汚れ取りやオイルメンテナンスをその場でおこないます。より作業が必要なものは、有償ですが工房に持ち帰りメンテナンスをいたしますのでその場でご相談ください。

料金:無料
予約不要

 


made in west
関西は日本を代表するモノづくりの発信地。他にマネのできない、独創的で高い技術を使って、画期的な製品を数多く生み出してきました大量生産ではな け れど、元気で丁寧でこだわりのある製品づくり。そんな関西の企業と、クリエイターが一緒になってブランドをスタートさせました。両者が同じ立場で、それぞ れの強みを活かし、いろいろなジャンルのオリジナルプロダクツを開発していきます。「ひらめいたらやってみる」という、関西独特の方法とクリエイターの感 性を繋ぎ合わせるデザイン。
made in westは、企業ブランディングやコラボレーションといった枠組を超えて、モノづくりのプロセスを変えるあたらしい試みです。

HP / Facebook / Twitter

 

yes
過去や未来、そして今を_yes。
すべてを可能性だと信じてトライする。「うん、いい !! 」で共感し合える、ものづくり。
新しい発見と、その喜びに向かってyesはスタートしました。
「本当にいい革」を伝えていきたい。天然素材である革は、部位に寄って様々な表情を見せます。
yesは、その特徴を最大限に活かすため、革を分割し、再びつなぎ合わせる「スクエアパーツ」の技法や、無縫製でつなぎ合わせる「漉き継ぎ」という技法を駆使して、見たこともないレザーシートへと「リデザイン」します。
40年間、革と真摯に向き合ってきたハシモト産業の”技術”と、”革の可能性”を追求するyesとの新たな取組みを、「メッセージ」として、ひとつひとつのアイテムに宿らせます。
無限に広がる可能性から「自分だけのyes」を見つけてください。

HP / Facebook